みなし貸金業者って何?おまとめローンの商品概要や過払い金返還請求で目にするけど!

おまとめローンを検討する際、商品概要や注意事項として『みなし貸金業者』という単語を目にします。また、過払い金返還請求や債務整理に於ける注意事項でも記載があります。一般的な消費者にとって、『みなし貸金業者って何?』または『通常の貸金業者と何が違うの』という疑問を持ちます。

特にみなし貸金業者の有無は、おまとめローンを行う際に重要であり、認識をしていなければ折角のおまとめローンも効果が薄れれてしまいます。そもそも、みなし貸金業者自体は『過去に貸金業を営んでいた会社(すなわち貸金事業を廃業した会社)』と認識していれば問題はありません。

このような会社が、どうしておまとめローンに影響するかというと、貸金事業から撤退したものの、債権回収だけは継続されているケースがあり、おまとめローンではこのような借り入れ分まで纏められるということになっています。例え貸金業者自体が完全に廃業し、会社自体が無くなったとしても、債権回収業務は他の会社へ引き継がれることとなり、おまとめローンの対象となっています。

現在では、大手消費者金融も銀行グループ傘下となり、経営基盤が安定しているため、廃業になるケースとしては中小消費者金融が多くなっています。しかしながら、かつては消費者金融業界で最大手になった武富士があり、その債権回収は現在でもなお、他社へ事業譲渡がされ継続されています。

今後も、金融業界の規制強化や消費者金融の淘汰が予想されるため、『みなし貸金業者』がどんなものなのかしっかりと知っておくことをおすすめします。