おまとめローンは銀行カードローンでも可能です

複数の消費者金融や銀行からの借り入れがある場合、おまとめローンを利用すれば金利の引き下げ効果も期待できます。すべてのおまとめローンが金利引き下げ効果があるわけではなく、借り換えを行った結果として利息制限法に基づく上限金利が段階的に厳しくなる100万円単位節目ごとに効果が高くなります。借入総額が100万円に満たない場合にはおまとめローンを行っても金利引き下げ効果は期待出来ないので意味がなく、返済の一本化と金利の引き下げが同時に行われなければ借り換え効果は薄いでしょう。

貸金業法に基づく貸付を行っている信販会社や消費者金融にとって、おまとめローンは総量規制の例外規定に該当するので、積極的な貸付を行うように思われがちですが、実情は異なります。おまとめローン利用中は、他社からの借り入れが自主規制により制限される可能性が高いので、余裕がある状態で借り換え行わない限り窮地に陥るリスクがあります。銀行カードを利用すれば、個人高いほど金利が低く設定されるので、利用可能額が大きければ実質的なおまとめローンとして利用可能です。銀行カードローンならば、おまとめローンとしての申告を行ったうえで借り入れではなく、他社からの借り入れが制限されることもないでしょう。