カードローンの増額申し込みと新規申し込みについて比較する

新規で申し込むより増額申し込みをした方が

、審査通過率が高いといった話しをよく聞きますが、これは一概には言えません。

消費者金融ですと、50万円以上の融資は収入証明を定期的にアップロードしなければいけなくなったり、金融庁の検査で総量規制に抵触していないかを重点的に確認されたりしますので、単純に手間が多くかかるようになります。

ましてや消費者金融には保証会社が存在していないので、50万円以上の貸付には慣れていません。

30万円から50万円への増額は信頼の積み重ねで何とかなるかもしれませんが、50万円からの上への増額はあまり受けてもらえません。

もし仮に追加借入を受けたいのであれば、増額を申し込むよりも、ランクの下のキャッシング業者を探して申し込んだ方がいいと言えます。

これには総量規制の枠が100万円の人が、50万円から80万円の増額を受けると、次の業者は20万円しか融資できなく、手間しか掛からないので審査落ちになるケースを防ぐ効果ぎあります。

中小消費者金融の審査は大手よりも圧倒的に低いので、増額申請よりも確実に通過率は高いでしょう。